チャレンジダンジョンLv10@アヌビス×ディアブロス

こんにちは。



最後の五右衛門の先制攻撃がエグいですが、それに加えて開幕で10ターンもの遅延が飛んでくるので、適当に駆け抜けてしまうと先制対策に防御スキルを用意したのに間に合わなかったということが起こります。幸いにもスキル溜めの狙えるゾーンは用意されているので、そこできちんと溜められるかがポイントになるかと思います。



PTはこんな感じ。最低限必要なものは以下。

☆五右衛門の先制攻撃82800を耐えられるHPと防御スキル(五右衛門の発狂攻撃124200を耐えられるならなおよし)
☆5属性揃える(ガードブレイク)

前者はバッジやアシストボーナス、火属性強化を駆使してHPを伸ばすとよいでしょう。防御スキルは軽減率よりも持続性のあるものが有効です。

後者は組み方によって様々ですが、個人的には貂蝉と転生イシスで埋めるのがオススメです(光軽減+イシス+8コンボ↑でバッケスのクラッシュクローを耐える、光軽減+スサノオ+8コンボ↑で五右衛門の発狂攻撃を耐えるなど)。貂蝉に関しては適当にアシストを乗せて遅延耐性を付けておくと1Fの初手からスキルトリガーになれるので、お試しあれ。


1F

1回で倒してもいいですが、最初の確定行動が優しいので2回で倒すのがオススメ。ターン稼ぎになります。


2F

ガードブレイクを利用して突破。ただいきなり5属性揃えるよりは、ギリギリまで4属性以内で殴りあってターン稼ぎをしたいところ。


3F

HPが半分を切ると攻撃力を2倍にするという隙が生まれるので、最初の2ターンでHPを半分以下に落とし込み、次の2ターンで倒します。


4F

5ターン以内にHPを半分以上削らないと負けてしまいますが、かといっていきなり半分以上削ってしまうと行動パターンが変化するので要注意。1~4ターンは適当に、5ターン目で半分以下になるように削り、7ターン目で超暗闇をケアしながら倒すのが理想です。


5F

防御スキルを使ってからパズルをして突破。


6F

1ターン目でスキルを使わずにパズルをして5割以下に落とし込み、次のターンで倒します。今回入れることができませんでしたが、モミジなどが入れられるなら追い打ちで楽に倒せます。


ディアブロスが実装されて以来、勢いが止まらないですね。とりあえずこいつと組みさえすれば何とかなる、というのも誇張ではないのかなと感じました。
スポンサーサイト

裏チャレンジダンジョンLv11@フェンリルPT

こんばんは。



今回敵として登場する究極ドラゴンゾンビは毒目覚めが発動していないときは必ず毒目覚めを使用するというプログラムが組まれているため、フェンリルのスキルを毎ターン使用することによって毒目覚めを誘発して嵌めることができます。ただしHPが10%以下ではデスポイズンブレスが優先されるので、安全圏から確実に削る、もしくは無効スキルを貼って強引に潜り抜けるなどの工夫が必要です。

このいわゆるフェンリルループは既にいくつか動画が上がっていますが、自前で4体用意するものに関しては参考にならない(4体揃える前に廃棄している可能性が高い)と思うので、2体所持で十分な構築を紹介したいと思います。ただしこちらもこちらでフレンドにフェンリルが必要なので、構築の前に募集を頑張る必要があるかもしれません。


とりあえず必要なものを列挙すると、
・フレンド込みでフェンリル×3
・スキルターン減少効果を持ち、かつ7ターンで発動できるスキルを持つキャラ(ゼローグ∞など)×2
・エンハンスまたは結界×1

フェンリルをA、B、C、加速役をD、Eとして
A→B→C→
D+A→B→C→E+A→B→C→
D+A→…
といった具合でループさせながら10%付近まで削り、任意のタイミングでエンハンスまたは結界を使用して倒します。画面でいうとPTの左から2番目のアイコンの中心軸がゲージと交差するところがだいたい15%なので、その辺が目安です。HP2億ということで、5%分で1000万あると思うとギリギリまで詰めておきたいところですが、死んでしまっては元も子もないのである程度は妥協しましょう。


攻略としてはこれで以上になりますが、フェンリルの場合パズルの組み方次第でダメージ無効に引っかかる可能性があるので、感覚を掴むために無限回廊で試運転することをお勧めします。

チャレンジダンジョンLv10@アヌビス×ディアブロス

こんにちは。



本当はアマツマガツチがいいのですが、持っていないものは仕方ないのでモミジを採用しました。追い打ち以外サブにこだわりはありませんが、1Fのバインドや4Fの操作時間短縮は対策を怠ると命取りになりやすいので注意しましょう。


1F

回復が7個以上あれば1列繋げてバインド回復して、次のターンで倒します。6個以下ならアヌビスのスキルを使って気合で倒します。この時、回復は無理に消さないでおくと2Fの1ターン目でバインド回復が期待できます。
今回は指バッジを付けていますが、スキブバッジにしておくと初手でラグドラのスキルを使って盤面の再抽選をすることもできます。


2F

最初の攻撃で3万弱のダメージを受けますが、副次的な効果は何もないので耐えられるのであれば1ターンの猶予となります。
HPが少ないので追い打ちを絡めながら適当にコンボすればいいですが、それでも攻撃色のドロップが少ない場合は貂蝉を使うのが無難。


3F

遅延が厄介ですが、裏を返せばそれだけの相手です。4個消しやラグドラのキラーを活用すればスキルに頼るまでもなく倒せるかと思います。


4F

貂蝉を使ってからコンボして倒します。周期が2なので、必要な場合は1ターン稼ぐのを忘れずに。


5F

適当なスキルを使って倒します。追い打ちには回復ドロップが必要なので、メイメイやアヌビスあたりを使います。


6F

追い打ちを絡めながらコンボして倒します。不安なら、最初の1ターン目である程度削っておくのも悪くないでしょう。
個人的にはあまりお勧めできませんが、1ターン目で根性発動まで削り、2ターン目で適当に陣を崩すのも手。


最近追い打ちがフィーチャーされていることもあり、それがあると楽ができるような構成となっています。
つい最近の進化拡張で時女神にも付加されたおかげで、そもそも追い打ち持ちのキャラを持っていないということもないと思うので、これを機に試してみるといいでしょう。

5/28 観戦報告

おはようございます。終わってすぐ書こうと思っていたのですが、寝落ちしてしまいました。



メンバー表交換のあたりですかね、昨日は一昨日よりも早く球場に足を運びました。やけに人が多いなと思ったのですが、それもそのはず昨日は昇竜デーというイベント日だそうで、現地に着いて初めて知りました。


さて、そういう試合はなんとしても勝っておきたいものですが…





いきなりこの有様。二死走者なしを無死一、三塁にしてしまった京田も悪いのですが、切り替えができなさすぎでした。

そんなバルデスは2回6失点(自責2)で降板し、3回から柳が登板。恐らくこの試合で最も盛り上がったであろうシーンです。



では柳はどうだったかというと、3回1失点4奪三振と、緊急登板だったと考えると文句なしの出来。日曜日の楽天戦で先発を任されるかもしれません。

そして次に盛り上がったのが6回裏、ゲレーロの10号ホームラン。ビシエドもそうですが、最も本塁打の出にくい環境をホームに置きながらホームランダービーで2位に付けているのは立派なことだと思います。





柳のあとは福谷、三ツ間、小川の継投で無失点。三ツ間のところでジェット風船の準備が始まりましたが、当の本人が二死走者無しから四死球を2つ与え、観客を焦らすシーンがありました。

打線はゲレーロの1打点に留まり、1-7で負け。最下位に戻りました。



今週から交流戦でいきなり厳しいカードが並びますが、なんとか乗り越えて、あわよくば他球団との差を詰められるといいですね。
まずは最下位脱出が目標ですが、巨人が一気に落ちてきたことで3位狙いもできなくはなさそうです。

5/27 観戦報告

こんにちは。



2日分のチケットを頂いたのですが早速寝坊してしまい、途中から観戦。


試合の方はというと1回表、先発の又吉が1ヒットと3四死球でいきなり1失点。この回はなんとか1失点で済んだものの31球を費し、味方の援護がないまま迎えた5回にも雄平のタイムリーで2点目を失います。

しかし6回裏に小川がヒットと四球で無死一、二塁すると、アクシデントで急遽降板。ここから流れが変わりました。

まずはゲレーロのタイムリーで1点返します。次の藤井は一併に倒れますが、平田のラッキーヒットで三塁ランナーが返り同点に。



そして投げる方も又吉がなんだかんだ7回2失点に抑え、2番手の岩瀬も1回無失点。

すると8回裏に無死一塁から、藤井のタイムリー三塁打で勝ち越しに成功。そこに大引の三塁への悪送球が重なり、藤井も生還します。



最後は田島が締めて試合終了。2日連続の逆転勝ちで最下位を脱しました。





ヒーローは連日の藤井。勝ち越し打での激走の際、36歳を実感したとコメントしました。






とりあえずカード勝ち越しは決まりましたが、明日負けると今日の喜びも半減なので、そう簡単にはいかないでしょうが3連勝を期待したいところ。最高の状態で交流戦を迎えられたらと思います。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR